身体に出来るニキビの中でも、背中ニキビや胸ニキビは最もお悩みの多い身体ニキビです。
原因は1つではなく様々な要因などが考えられますが、その中に「ホルモン」が深く関わっていることはご存知でしょうか?
男女関わらず、必ず身体の中で作られ、私たちの身体で色々な役割をしてくれるホルモンが、男性ホルモンと女性ホルモンです。
2つのうち、大人のニキビに深く関係しているのは男性ホルモンであると言われていますが、これは本当なのでしょうか。
だとすれば、それはどんなメカニズムになっているのか?
ここでは、その男性ホルモンの働きやニキビとの関係性などを見ていきながら、男性ホルモンが背中ニキビや胸ニキビを作ってしまう原因を、その他の要因なども含め詳しくご説明していきたいと思います。
◆ 「ホルモン」てなに?
『そもそも「ホルモン」とは、どのようなものなのでしょうか?』
・ホルモンには、女性ホルモンと男性ホルモンがあり、女性も男性も両方のホルモンを体内で作っている。
・私たちの体内に70種類以上も存在する化学物質で、体の中にある細胞でしか作られないものである。
・身体の代謝の調節を行っている。
・脳の視床下部や卵巣、甲状腺などの内分泌線で生産と貯蔵がされ、最終的には血管を通って分泌されている。
・ホルモンの成分には、アミノ酸を原料としているもの(甲状腺ホルモンやアドレナリン)・コレステロールを原料とした非たんぱく質のもの(卵巣、睾丸など性ホルモン)主にこの2つに分けられる。
このように、私たち人間の身体にごく当たり前に存在している「ホルモン」ですが、そこには欠かすことの出来ない様々な役割、働きがあるようです。
ホルモンの主な働きとしては、
・女性ホルモンは、女性ならではの身体つきや女性の体調・リズムバランスに大きく関わっている。
・男性ホルモンは、男性ならではの逞しい身体つきや思考回路に関わっている。
ホルモンが、私たちの身体と心に大きく作用することに間違いはないようです。
◆ 男性ホルモンとニキビの関係性は?
 
ホルモンについては分かったけれど…
では、何故ニキビに男性ホルモンの方が関係あるのかを見ていきましょう。
『男性ホルモンとニキビには一体どんな関係があるのでしょうか?』
・男性ホルモンとニキビには、実は密接な関係がある。
女性の体内にも存在する男性ホルモンですが、様々な理由によって体内の男性ホルモンが増えすぎ、男性ホルモンが優位になることで、ニキビを発生させてしまうのです。
・皮脂分泌の量は、男性ホルモンの働きに密接に関係している。
ニキビの原因でも代表的な皮脂の過剰な分泌ですが、これは主に男性ホルモンが刺激になることで起きています。
男性ホルモンは皮脂の分泌量を増やし、肌の角質をも増やし厚くしてしまう作用があるのです。
・女性の体内にある男性ホルモンは、女性ホルモンの量に比べ10倍以上も多い。
女性の一生涯に分泌される女性ホルモンの分泌量は、スプーン1杯ほどであると言われているのに対し、男性ホルモンはその10倍はあると言われている。
これは、実は女性ホルモンは男性ホルモンであるテストステロンを原料にして作られているためで、テストステロンが女性の卵巣で女性ホルモンのエストロゲンに変換されているからなのです。
もし、男性ホルモンの分泌がなくなってしまえば、女性ホルモンも作られないと言うことになってしまいますね。
◆ なぜ男性ホルモンが増えてしまうの?
男性ホルモンは皮脂を過剰に分泌させてしまうこと、男性ホルモンが増えすぎ優位になってしまうことで、ニキビを発生させてしまうことが分かりましたが、では何故、女性なのに男性ホルモンが体内で増えてしまうのでしょうか。
『男性ホルモンが優位になってしまう理由は何が考えられるの?』
・自律神経、ホルモンバランスの乱れ。
不規則な生活やストレスなどによるホルモンバランスの乱れが、一番の原因とも言われています。
ストレスにより、自律神経のうちの交感神経の方を優位にさせてしまうことで、交感神経が男性ホルモンの分泌を促してしまうのです。
不規則な生活やストレスが長引いてしまえば、結果、交感神経が優位な状態が続き、男性ホルモン優位の体質になってしまうと言うことですね。
・黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響。
排卵後~生理前などに分泌される女性ホルモンの1つである黄体ホルモン(プロゲステロン)。
この黄体ホルモンは、男性ホルモンに似た働きをしているため、皮脂の分泌を過剰にしてニキビや肌荒れを起こしやすくします。
生理前にニキビが出来やすいと言われているのも、この黄体ホルモンの影響ですので、この時期には注意が必要です。
◆ 男性ホルモンが背中、胸ニキビを作ってしまう原因。
 
男性ホルモンが増えてしまう理由が分かったところで、背中ニキビや胸ニキビの原因にどのように繋がって行くのか、その他の原因なども含めて具体的に見ていきましょう。
『男性ホルモンが、背中ニキビや胸ニキビを作ってしまう直接の原因って何だろう?その他にも原因はあるの?』
・ホルモンバランスの乱れ。
先程も触れたように、男性ホルモンを増やしてしまう大きな要因となっているホルモンバランスの乱れ。
人間関係における精神的ストレス・不規則な生活、睡眠不足などの肉体的ストレスで自律神経が乱れ、女性ホルモンのバランスが崩れてしまうことで男性ホルモンの分泌量が多くなってしまうのでしたね。
ホルモンバランスの乱れは、全てのニキビに直接関係する大きな原因になっていることが分かります。
・男性ホルモンが分泌させる過剰な皮脂。
皮脂は人間が作り出せる天然のクリームと呼ばれなくてはならないものですが、男性ホルモンによって皮脂が過剰になると、毛穴が詰まりニキビとなってしまいます。
体の中でも背中や胸は皮脂腺が多いので、毛穴が詰まりやすくニキビが出来やすいのです。
・乾燥による皮脂の過剰な分泌。
肌の乾燥によって皮脂が足りなくなってしまうことで、皮脂の分泌を促す男性ホルモンの分泌を促し、皮脂が過剰に分泌してしまう。
△・シャンプーなどのすすぎが不十分。
髪の毛を洗った後、髪の毛や頭をしっかりと流しているつもりでも、実際はすすぎが不十分でシャンプーやヘアトリートメントなどが残ってしまい、結果、毛穴が詰まってニキビを誘発させてしまいます。
また、体を先に洗った後で髪を洗う習慣のある人は、洗う順番を変えてみる習慣をつけて下さい。
せっかく綺麗に洗った背中や胸にシャンプーやトリートメントが残ってしまっては意味がありません。
・摩擦などの肌への負担
ニキビや皮脂が気になりしっかり汚れを落とそうとして、ゴシゴシ擦ったりしてはいませんか?
特に、ナイロンタオルなどでゴシゴシと洗っていると、刺激で知らないうちに背中や胸を傷つけてしまうことも。
ゴシゴシと擦ることで必要以上に皮脂を取ってしまい、皮脂のバリア機能が乱れ、ニキビの原因になるアクネ菌が肌に侵入しやすい状態にもしてしまいますので要注意です。
・食べ物。
・チョコレートやケーキのような糖質の高いもの。
・おせんべい類などのもち米が原料となっているもの。
甘さを感じなくても、パン、米、麺類などの炭水化物も糖質に分解されます。
・肉や揚げ物、スナック菓子などの、
脂肪分が多いもの。
美容に良いと言われているナッツ類も、脂肪分が多いので要注意です。
・カフェインなどの刺激物。△
◆ まとめ
●ホルモンとは、
・女性ホルモンと男性ホルモンがあり、女性も男性も両方のホルモンを体内で作っている。
・女性ホルモン。
女性ならではの身体つきや女性の体調・リズムバランスに大きく関わっている。
・男性ホルモン。
男性ならではの逞しい身体つきや思考回路に関わっている。
●男性ホルモンとニキビの関係は、
・男性ホルモンとニキビには密接な関係があり、男性ホルモンが増えすぎ、男性ホルモンが優位になることで、ニキビを発生させてしまう
・皮脂分泌の量は、男性ホルモンの働きに密接に関係しており、
男性ホルモンは皮脂の分泌量を増やし、肌の角質をも増やし厚くしてしまう作用がある。
●男性ホルモンが増えてしまうのは、
・自律神経、ホルモンバランスの乱れ。
不規則な生活やストレスなどによるホルモンバランスの乱れが、一番の原因とも言われている。
・黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響。
黄体ホルモンは男性ホルモンに似た働きをしているため、皮脂の分泌を過剰にしてニキビや肌荒れを起こしやすくする。
●男性ホルモンが背中や胸ニキビを作る原因は、
・ホルモンバランスの乱れから男性ホルモン増加へ。
全てのニキビに直接関係する大きな原因になっている。
・男性ホルモンが分泌させる過剰な皮脂。
体の中でも背中や胸は皮脂腺が多いので、毛穴が詰まりやすくニキビが出来やすい。
・乾燥による皮脂の過剰な分泌。
・シャンプーなどのすすぎが不十分。
・摩擦などの肌への負担
・食生活の乱れ。
近年、女性の「オス化」と表現され問題になっていますが、ホルモンバランスの乱れは男性ホルモンに深く関わり、背中や胸ニキビの原因になっていたようです。
男性ホルモンを活発にしてむやみに増やしてしまわないよう、日頃からの心がけが大事です。
女性に生まれのであれば、生涯でたったスプーン1杯しか分泌されない女性ホルモン優位の人生を送りたいものですね。
お読みいただき、ありがとうございました。