背中二キビは大きくなると痛いですよね。どうしたら治るのでしょうか?改善方法はどんなものがあるのでしょうか?背中二キビは普段、見えない分ちょっとしたことで見えたら恥ずかしいですよね。
では原因は?改善方法はなんなのでしょう?
1 悪化しやすい背中二キビ
顔なら鏡をみればすぐわかるニキビ。でも、背中にできると気づくのが遅くなり痛くなって悪化してから遅れてから発見することが多いです。
そもそも、頭の後ろに目がついてない限り背中なんてみえません。人に見てもらうしかないですよね。
しかし、服で擦れて刺激を受け、角栓がつまってニキビになってしまします。
2 痛みを感じる原因
ニキビが赤くなる原因は「炎症」と考えられます。炎症を起こしたニキビは赤二キビと呼ばれ、文字通り赤く炎症を起こしている二キビのことです。背中は常に服に擦れて更に痛くなります。
それで痛みがあるのでしょう。
3 背中の4つの原因
背中二キビの原因はなんでしょう?
1、 過剰な皮脂分泌
体の中でも背中は皮脂が過剰に分泌されます。皮脂が過剰に分泌されたえた毛穴から背中二キビはできます。
2、摩擦の影響からくる肌の負担
摩擦のため、肌が厚くなり角質(肌の表面)毛穴が詰まりやすくなります。
以下のような日常のことが背中二キビの原因につながります
・衣服や下着の擦れ
・汗、蒸れ
・体をごしごし拭く、洗う
・搔く
などがあげられます。
2、 シャンプーやリンスの洗い残し
入浴の際のシャンプーやリンス、ボディーソープの背中の洗い残しはありませんか?背中は見えづらく、きちんと洗っているつもりでも洗い残しがあったりします。
特に髪の長い方は気を付けてください。髪のすすぎが不十分だと背中の表面にシャンプーなどの洗い残しがのこっていてそれが原因でニキビになる原因になることがあります。
4、ホルモンバランスの乱れ
二キビには原因は服の摩擦だけでなくホルモンバランスの乱れでも引き起こされます。ホルモンバランスの乱れは食生活が乱れたり、睡眠不足などやストレスのせいでも背中二キビになってしまいます。女性は生理前にホルモンバランスの乱れに二キビができることもあります。
4 二キビ対策
二キビ対策について紹介したいと思います。
1、 肌に負担をかけない
日常のささいなことで背中二キビは悪化します。できるだけ、摩擦や刺激を与えないようにしましょう。
・背中を必要以上に触らない。
・背中を洗う時はしっかり泡立ててから洗う。
・背中を洗うときは綿素材か手で洗う。
・柔らかいタオルで背中を拭く。
・衣服は綿のインナーを使う。
などです。
2、肌を清潔に保つ
ニキビが気になる方は背中を清潔に保ちましょう。
・すすぎのこしがないようにしましょう。
・髪が長い方は髪を洗った後に体を洗う
・保湿ケアをする。
・汗をかいたら出来るだけこまめに拭く。
肌を清潔に保つことが背中を含めた体の二キビの肌の二キビ対策になります。汚れや汗をきちんと保つことが必要です。そのためにも保湿ケアをしましょう。
3、 たっぷりの睡眠をとること
睡眠不足は肌にも悪いしいいことはありません。6~8時間を目安に睡眠をとってください。ダイエットにもいいですよ。
また、睡眠の量ではなく質でもあるといえます。
就寝前にストレッチをするとよく眠れます。逆に激しい運動をするとめがさめているのでやめましょう。
リラックスする為にアロマもいいかもしれんね。でも火の消し忘れには気を付けてくださいね。あとはヨガとかもいいかもしれません。
4、 バランスのとれた食事をする
日頃から油分や糖分の取りすぎはニキビができやすくなってしまいます。
また、ビタミンC・ビタミンB2,ビタミンB6をとりましょう。
以下の食事例も参考にしましょう。
ビタミンC:赤ピーマン、レモン、アセロラジュースなど
ビタミンB2:納豆、卵、舞茸など
ビタミンB6:まぐろ、鶏肉、にんにくなど
を含めて意識して料理しましょう。
5、 病院に行く
背中のニキビに痛みがある場合は手っ取り早いのは病院に行くことです。
二キビがひどくなると化膿します(経験談)。しかも跡になります。背中に二キビ跡にもなるので病院にいくのもいいでしょう。
5 肌を健やかに保つためのスキンケア
背中ニキビが気になる方はニキビの医薬部外品のスキンケア用品を使うことをおすすめします。
また、化粧品を選ぶ際に配合されているスキンケア成分をみてみるといいでしょう。
以下は保湿成分の一例をあげてみました。
保湿成分の一例
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・プラセンタ
・グリセリン
・植物由来の保湿成分
などです。
このほかにも肌荒れを防ぐ成分や肌を健やかに保つ成分が入っているかチェックすることをおすすめします。
整肌成分の一例
・グリチルリチン酸ジオカリウム(グリチルリチン酸としか書いてない場合もあります。)
・アラントレイン
など。
6 治し方
さまざまな治療方法がありますが二キビの炎症を抑えるには「抗生物質」という手があります。私も顔ですがひどいニキビができた時は抗生物質を処方されました。
今後、背中二キビができないように食生活の見直しやストレスのない環境をつくりましょう。
でも、ストレスのない生活って難しいですよね。たまには息抜きにカラオケやショッピングなど趣味に没頭するのもいいかもしれませんね。
7 背中のチェックはこまめに
背中はなかなか目に見えない場所ですが定期的にチェックするのも大事な習慣です。だれかと住んでいるならその方に見てもらいましょう。また、一人の場合は姿見に普通の鏡を向けてみてみましょう。ちょっと見づらいですが背中全体がみえますよ。